レギュラーコーヒーの保存性や風味・種類について

レギュラーコーヒーの保存性や風味・種類について

レギュラーコーヒーは、コーヒー豆を焙煎した後に挽いた状態にしたもの全般と定義出来ます。

ドリップコーヒーのことならこちらのサイトが便利です。

一般に飲用直前の状態にあるコーヒーの中では、最も豆の原型に近い状態のものであると言えます。加工度の低さから、単位量当たりの価格面でも安めとなるのが魅力的です。

wikipedia情報を選ぶ時のポイントを紹介いたします。

特徴としてはインスタントコーヒーと比較して豆の粒子が見た目にも粗い事から吸湿性が少なく、且つボトルコーヒーのように既に水で溶かされた状態でも無い事から、ある程度の密閉環境に置けば常温でも長期保存が効く事が挙げられます。



一方でレギュラーコーヒーはお湯を注いだ際に豆の粒子が残って口当たりを著しく悪くする事から、抽出の際に濾過の工程を必要とします。

ドリップ用のペーパーや其れを支える器具といった単純な仕組みでも異なりますが、インスタントコーヒーのようにお湯を注ぐだけ、缶コーヒーやボトルコーヒーのように開けるだけ・注ぐだけといった手軽さは有していません。

ですが前述のように豆の原型に近い事もあり、抽出作業の際にしっかりと香りが引き立つという特徴を持っています。若干の手間がある分、最も本格的で飲用に適したコーヒーを楽しむ事が出来ると言えます。

また最近は、特定の用途・特徴を有したレギュラーコーヒーも出回っています。代表的なものとしては2つあり、焙煎度を高めとして氷を入れるアイスコーヒーに適する状態にしたものや、予めカフェインを取り除いてデカフェとした商品を挙げる事が出来ます。

  • 難しくない生活

    • コーヒーの名前はモカやブレンドと多岐にわたります。コーヒーで一般的に最も知られている名前として「レギュラーコーヒー」が挙げられます。...

      detail
  • 大人の常識

    • 脱カフェイン処理の製法で作られているデカフェ。カフェインを摂取せずにコーヒーを楽しむことが出来ます。...

      detail
  • 生活の実態

    • コーヒーが大好きで毎日何杯も飲む、仕事中やドライブには絶対コーヒーを飲んでいる、徹夜など、長時間集中して作業などをするときにはコーヒーが手放せない、という方にとって、カフェインを制限しなければいけない状況になるのはとても辛いことだといえます。カフェインをなるべく制限した方が良いとされる妊娠中や、赤ちゃんに授乳をしている方、そして、病気や薬を投与する都合上、医師からカフェインを摂らないように注意を受けている方にとって、心強い味方となるのが、デカフェです。...

      detail
  • 意外な事実

    • デカフェ、とは本来カフェインを含んでいる飲食物からカフェインを取り除いたり、カフェインを添加する飲食物にそれをしなかったりした結果、カフェインを含まなくなったもののことを指します。特にデカフェ、というときには特にカフェインレス・コーヒーのことを指すことが多いです。...

      detail